MENU-メニュー

持続可能な社会とは、現在の地球上で暮らす世代と未来の世代が、等しく発展の恩恵を受けられる社会です。しかし、私たち人類が営んできた大量生産・大量消費によって、持続可能な社会とはほど遠い状況になり、大気中の温室効果ガスの濃度が急激に増加し温暖化や異常気象を招いています。

これらの課題を克服し、暮らしに不可欠な環境を持続的に保ち、自然界と共生できる社会システムが、「循環型社会」なのです。そのような社会へ変えるには、3R(リデュース、リユース、リサイクル)※により、廃棄物の抑制、不用品の再利用やリサイクル資源への再生をおこない、環境への負荷をできるだけ減らしていく必要があります。

中部リサイクル運動市民の会は、誰もが参加できる3Rのシステムと場をつくって、「私ができること」を「私たちができること」へ拡げます。そして、市民・企業・メディア・NPOのパートナーシップで活動を進めて、ダイナミックに循環型社会へと変えていきます。

※3R:REDUCE(リデュース)=廃棄物を減らす、REUSE(リユース)=不用品を再使用する、RECYCLE(リサイクル)=不用品をリサイクル資源に再生する、を3Rと呼ぶ

back top